企業情報

管理の革命

穏健医療グループの管理者たちは企業資源を効果的に統合して、ブランド意識を確立し、“Winner”及び“PurCotton”という自社ブランドを創立しております。それに豊な企業文化を蓄積すると共に、会社の競争力を高めております。同時に会社の全般的運営の角度からHR管理コンサルティングプロジェクト、ERP情報管理プラットフォーム、OAプロセス協同化事務管理、アメリカSOX法案情報管理システムと優れた生産管理項目を実施するにより、仕事の能率が上がり、協調関係と従業員の積極性を激励することになります。


穏健医療グループの管理社たちは積極的に企業文化のエッセンスを精錬し、人間化の管理方式を重視し、社員の仕事積極性と創造性を発揮することを通して、会社に対しての社員の忠誠心及び集団意識を育ちます。それに従業員に快適な仕事環境を提供し、自分の価値を実現すると同時に会社の発展に続く力を持たせることです。

 

産業の革命

穏健医療グループは産業構造の調整を持続していて、それで縦方向に産業チェーンを拡大し、研究開発、生産、販売の一体化の運営モデルを段々形成してきました。「Winner」と「PurCotton」自主ブランドを経営する道に歩んでおります。穏健医療グループは医学レベルの生産環境と理念を元として、日常生活用品を製造し、国内のチェーン店、販売ルート、ネット販売ルートなどのブランド商売のの道を開拓しておりました、健康で快適な、低炭素の環境保護の理念は人類を引き連れて、全綿時代、幸せな時代を歩みましょう。

 

技術の革命

穏健医療グループは理論を実践と結びつける専門技術チームを持ち、ここ数年以来、医療消耗材の生産プロセス、製品の特性に関する研究に力を入れ、相次いで48個授権特許を取得しております。その中に国内特許が37個、国際特許が11個があります。当社が専門技術とコットンに対する深い研究を通して、原綿からウォータジェット不織布というPurCotton生産プロセスを開発し、国家授権特許を取得しました。またアメリカ、ヨーロッパ、日本、インド、ブラジルなど30国余りの特許許可書も獲得しました。このプロセスの主な特徴は、昔伝統的な生産方式にて紡績生産週期が二カ月余りから7日まで短縮し、大幅にエネルギーの消耗と汚染と炭素の排出量を減少し、資源節約と環境にやさしいの手本になっております。特許の技術を使用して、生産した不織布製品を徐々に一部分の伝統的な綿紡績品を取って代わり、紡織工業技術革新の重大な突破です。